株式会社ラピーヌは
日本三奇祭 吉田の火祭りに貢献しています

吉田の火祭りについての詳細はこちらを参照

株式会社ラピーヌの地域社会とのふれあいや、環境保全、地域経済活性化の取り組みをご紹介いたします。

「吉田の火祭り」は、北口本宮冨士浅間神社とその摂社である諏訪神社の祭として、現在は「鎮火祭」という名称で8月26・27日の2日に亘って行われ、特に8月26日の夜、町中で大松明が焚き上げられる、富士山のお山じまいの祭として知られています。

「鎮火祭」の名の示すとおり、富士山の噴火を鎮める祭であり、御祭神が猛火の中でご安産なされた故事に基づくとされています。古くからは「日本三奇祭」、昨今は「日本10大火祭り」の一つに数えられ、山梨県の無形民俗文化財に指定されています。

株式会社ラピーヌは山梨県富士吉田市に富士服飾研究所を開設を致しており、地域貢献の取り組みとして、「吉田の火祭り」に奉納しております。

ウィンドウを閉じる